M-1育毛ミストで育毛ライフ

育毛剤の効果UPのために取り入れたい日常生活の工夫

育毛剤を使っているからと言って安心して自堕落な生活をおくってはいけません。

 

睡眠不足に栄養バランスの悪い食事、運動不足に過度な飲酒喫煙が当たり前の生活を送っていると、せっかくの育毛剤の効果も弱くなっています。

 

逆に、日常生活を整え、髪の毛に良い生活週間を確立できれば、育毛剤の効果を高めることもできるかもしれません。

 

おまけに、髪の毛に良い生活とはイコール健康に良い生活でもあるので、健康状態も改善されて一石二鳥です。

 

今回は5つの生活習慣をご紹介します。

 

1. 育毛のために適切な睡眠を確保する

 

睡眠時間は育毛の大敵です。

 

夜遅くまで起きていると、交感神経が優位となり、男性ホルモンの分泌が促進されます。

 

AGAになると、男性ホルモンのテストステロンが薄毛の原因となってしまいます。

 

ですので、遅くとも1時までにはベッドに入り、6〜7時間以上の睡眠を確保するようにしましょう。

 

また、慢性的な睡眠不足が続くと体が疲労し、細胞分裂も弱くなります。

 

髪の毛もまた細胞分裂によって成長するので、十分な睡眠時間の確保は必須です。

 

2. 育毛のために喫煙しない

 

タバコは育毛にとって百害あって一利なし!

 

全くハゲないエリートフサの遺伝子を持っているならともかく、タバコを吸うと毛細血管が委縮し、毛乳頭細胞に送られる栄養が減ります。

 

髪の毛の成長には、毛乳頭細胞が十分な栄養を受け取ることが不可欠。

 

すでに薄毛になっている方は、喫煙することでさらに悪化させてしまうリスクがあります。

 

育毛のためとは言え、今すぐ禁煙するのが難しいという方は、まずは1日に吸う本数を減らすのもありです。

 

3. 育毛のために栄養バランスの取れた食事を心がける

 

食事が薄毛の直接の原因となることは少ないですが、しっかりと育毛を行いたいなら栄養バランスの良い食事は重要です。

 

毛乳頭細胞が毛母細胞に発毛シグナルを送るためには、アミノ酸やミネラルなどさまざまな栄養素が必要です。

 

なるべく健康に良い栄養の豊富な食事を心がけるようにしましょう。

 

4. 育毛のために酒を飲み過ぎない

 

適度な飲酒は血行を良くするため、育毛に酔いと言えます。

 

また、体も心もほぐれてリラックス効果もありますしね。

 

ただし、お酒を飲み過ぎるとアルコール分解の過程でさまざまな栄養が消費され、体に大きな負担がかかります。

 

もちろん、それだけで髪の毛がごっそりと抜けることはありません。

 

しかし、育毛をするのであれば過度に栄養不足になったり、体に負荷をかけることは避けるべきです。

 

5. 育毛のために適度に運動する

 

ハードな筋トレや10km走るランニングを行わなくても、軽くストレッチするだけでも良いので適度に運動してください。

 

運動をすれば体がほぐれ、血行が改善します。

 

血行が改善すれば、頭皮に流れ込む栄養や酸素も増えます。

 

特にデスクワークの人は体が固くなりがちなので、適切に運動することは育毛だけでなく、健康全般に大切です。