M-1育毛ミストと髪の毛の成長の仕組み

M-1育毛ミストと髪の毛の成長の仕組み

M-1育毛ミストなどの育毛剤を使う方の目的はさまざまだと思います。

 

薄毛を改善したい、あるいはまだまだ大丈夫だけど、将来的なことを考えて予防的に育毛剤を使っておきたい、などなど。

 

そうした方にこそ、髪の毛の成長、あるいは発毛の仕組みについて詳しく知っておいてほしいと思います。

 

髪の毛が成長していくメカニズムをちゃんと理解しておけば、怪しい育毛グッズや民間療法に引っかからなくて済みますし、いざ育毛剤を購入したり、AGAクリニックに通う場合にも、どんな選択肢が自分にとって良いのか、しっかりと自分で考えることができます。

 

発毛の仕組みと言っても、決して難しいものではありません。ゆっくりと学べば、簡単に理解することができます。

 

髪の毛の成長に重要なのは二つの細胞―毛母細胞と毛乳頭細胞

 

毛母細胞と毛乳頭細胞。

 

すでに難しい単語が二つ出てきて嫌になっていませんか(笑)

 

大丈夫です。最初はとっつきにくいですが、慣れれば簡単に分かります。

 

毛母細胞は髪の毛の元になる細胞―まさに「毛の母」

 

毛母細胞は髪の毛の元になる細胞です。

 

この細胞が細胞分裂し、増殖していくことによって髪の毛が成長します。

 

毛包の中で毛母細胞ば増殖すると、まるで歯磨き粉のチューブから中身がニュッと出てくるように、髪の毛が下から上に押し出されていきます。

 

これが髪の毛が伸びる仕組みです。

 

ちなみに、細胞分裂した毛母細胞は死んでしまい、角質化と言って硬い状態になります。髪の毛は死んだ細胞が重なったものです。だから、ハサミで切っても痛くないわけですね。

 

毛母細胞に「発毛指令」を発信するのが毛乳頭細胞

 

それでは毛乳頭細胞の役割は?

 

というと、毛乳頭細胞は毛母細胞に細胞分裂するように「指令」を送る役割を持っています。

 

具体的には、毛乳頭細胞は成長因子と呼ばれるタンパク質を作り出し、このタンパク質を毛母細胞に送ります。

 

成長因子を受け取った毛母細胞は、その合図によって細胞分裂し、髪の毛になっていくわけです。

 

毛乳頭細胞はいわば、髪の毛の成長を促す司令塔のような存在です。毛乳頭細胞が発信する成長因子は「発毛命令」や「発毛指令」、「発毛シグナル」なんて呼ばれたりもしています。

 

M-1育毛ミストは毛乳頭細胞が発信する成長因子を増やす!

 

現在、発売されている主要な育毛剤は、主に二つの働きによって髪の毛の成長を促したり、脱毛を抑制したりする働きを持っています。その二つの働きとは、次のとおり。

 

@薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを作り出す酵素(5αリダクターゼ)の働きを抑える
A毛乳頭細胞の働きをよくし、毛母細胞の細胞分裂を活性化させる

 

M-1育毛ミストは、このうちAの働きを持つ育毛剤です。

 

主成分のひとつ、酵母エキスには、毛乳頭細胞の「繊毛」と呼ばれる毛のような部分を伸ばし、成長因子を増加させる働きがあります。

 

成長因子には何種類もありますが、M-1育毛ミストは、FGF-10という成長因子をなんと300%も増加させたというデータが得られています。