M-1育毛ミストのセンブリエキスは育毛の役に立つのか?

M-1育毛ミストの成分、加水分解ケラチン

センブリエキスはセンブリという植物の花、葉、茎、根からアルコールや水などで抽出したエキスです。

 

センブリ茶として飲用される他、漢方薬にも多く用いられています。

 

ちなみにセンブリ茶はとても苦く、そもそも名前の由来が「千回振り出しても苦い」とのこと。

 

育毛剤の有効成分としても認められた数少ない成分のひとつであり、医薬部外品指定の育毛剤はほとんどがセンブリエキスを含んでいます。

 

もちろん、M-1育毛ミストにも含まれています。

 

M-1育毛ミストはわずか7種類の成分か含んでいませんが、センブリエキスはいわばこの「厳選された成分」に入るわけですね。

 

M-1育毛ミストの育毛剤成分、センブリエキスの働きとは?

 

センブリエキスに期待される作用は主に以下の3つ。

 

  1. 毛母細胞の活発化
  2. 血行促進
  3. 抗炎症・抗酸化
  4. 保湿

 

@の毛母細胞の活発化とAの血行促進は髪の毛の成長に不可欠です。

 

人間の髪の毛は、毛母細胞と呼ばれる細胞が細胞分裂し、増殖して角質化することで成長していきます。

 

その毛母細胞に細胞分裂するように促すのが、毛乳頭細胞と呼ばれる細胞です。

 

毛乳頭細胞は毛細血管から栄養分を受け取ることで、毛母細胞に増殖を促すシグナル(IGF-1、FGF、VEGFなどの成長因子たんぱく質)をつくります。

 

従って、血行がよくなることで、毛乳頭細胞に流れ込む栄養分が増え、その分毛母細胞の活性化が期待できます。

 

Bの抗炎症・抗酸化、それからCの保湿は直接育毛に関係するわけではありませんが、「育毛環境」を整える上ではとても大切です。

 

髪の毛の成長や男性型脱毛症(AGA)による薄毛化は、基本的に毛根の中で起こる現象が原因なので、毛根の外である頭皮の状態は直接は関係しません。

 

しかし、全く無関係というわけでもなく、やはり清潔で適度な皮脂量の頭皮は、育毛を行う上で大切です。

 

特に、AGAによって薄毛化が起きている場合、頭皮の状態がよくないと見栄えも悪くなってしまいます。

 

センブリエキスの抗炎症・抗酸化作用や保湿作用は、こういった点でも重要です。