M-1育毛ミストで育毛ライフ

M1育毛ミストは薄毛予防にも使える。

育毛剤と言うと、すでに薄毛やハゲになってから使うイメージがありますが、予防として使うこともできます。

 

例えば、男性型脱毛症ではなくても、睡眠不足や栄養不足など、日常生活の乱れによっても髪の毛はダメージを受けます。

 

そんなときには、M-1育毛ミストなどの育毛剤を日常的に使用していれば、毛髪の受けたダメージを抑え、現金な髪の毛が生えてくるサポートを行うことができます。

 

髪の毛はさまざまな原因でダメージを抜け、細く抜け落ちる

 

髪の毛は毎日少しずつ伸びていき、成長し切ると抜け落ちてしまいます。

 

それからまた新しい毛が生えてくるわけです。

 

髪の毛の生え変わり自体は誰にでも起こるものなので、毛が抜けたからと言って悩む必要はありません。

 

特に、長く太い毛であれば、抜け落ちても全く問題ありません。

 

しかし、細く短い抜け毛が増えたなら要注意。これは薄毛の兆候の可能性があります。

 

細く短い抜け毛が増えたら予防的な意味で育毛剤を使うことを考えても良い

 

細く短い抜け毛が増えた場合は、男性型脱毛症が起きつつある場合と、単に体調不良などが原因で髪の毛の成長が弱まっている場合があります。

 

男性型脱毛症であれば、放置していれば次第に進行してきますので、育毛剤を使いはじめるか、AGAクリニックや皮膚科を受診するなどの対策を行った方が良いです。

 

逆に、体調不良や不摂生などが原因の場合は、体調を整えたり、生活習慣を改善すれば抜け毛が減る可能性はあります。

 

このときに育毛剤を使えば、しっかりと髪の毛の回復をサポートすることができます。

 

それは何故か?

 

髪の毛は細胞分裂で成長する。不規則な生活や不健康は細胞分裂が弱まる可能性も

 

髪の毛は毛母細胞と呼ばれる細胞が分裂・増殖することで成長していきます。いわゆる細胞分裂ですね。

 

毛母細胞はいわば髪の毛の原材料のようなものです。

 

細胞分裂には多くのエネルギーの供給が必要となります。

 

ところが、睡眠不足や暴飲暴食、逆に栄養不足などの生活が続くと、次第に細胞分裂の調子が悪くなってしまいます。

 

細胞分裂の調子が悪くとなると、成長しきる前に抜け落ちてしまう髪の毛が増えてしまいます。

 

細く短い抜け毛が多いとよくないのは、このような理由からです。

 

また、メカニズムは少し異なりますが、男性型脱毛症(AGA)でもやはり細胞分裂が阻害され、細く短い抜け毛が増えます。

 

M1育毛ミストで細胞分裂を活性化させ、薄毛を予防しよう

 

現在主流の育毛剤は、頭皮の血流を改善し、血液によって運ばれるエネルギー源を増やすことで育毛効果をもたらします。

 

また、同時に毛母細胞や毛乳頭細胞などの働きを活性化させる効果もあります。

 

育毛剤というと、すでに薄毛やハゲになってから使うものというイメージがありますが、薄毛対策も先手必勝です。

 

少しでも抜け毛が気になるのであれば、育毛剤を予防的に使うのも十分にありです。

 

特に、日常生活が乱れがちな方は、髪の毛にもよくない影響を与えている可能性があります。